東京の賃貸しをいろいろ探すのは良い経験になった
Header

長野に住む姪が都内の学校へ進学することになり、妹や姪と一緒に住む部屋を探すことになった。学校の所在地から歩いて通える範囲で学生が住むことのできる、手ごろな東京の賃貸しはないかとまずは不動屋さんを当たってみた。今だったらネットで探すことを考えたかもしれないが、やはり、具体的に不動屋さんから直接話を聞いて、何軒かピックアップしてくれた東京の賃貸を直接自分の目で確かめたいと妹も姪も主張したのだ。不動屋さんから渡された地図を頼りに歩いてみた。

やはり一階にある賃貸の部屋は、女性だと心配なような気がする。それで、二階より上に部屋のある東京の賃貸を探した。学生の姪には仕送りを無制限なんてわけにはとてもいかないので、予算内で安全な良いところをと思うと一日足を棒にして歩き回った。都内といってもいろんな表情があり、道一本隔てただけで、賑わいも、環境も違うんだな、と実感した。やはり学生さんには落ち着いて勉強できる雰囲気の環境が一番だ。静かな住宅街にやっと日の暮れるころ、気に入った東京の賃貸の部屋が見つかったときにはほっとした。

予算も範囲内で、女学生が住んでいる場所で、男子の立ち入りは禁止といういまどき珍しい古風な場所だった。大家さんが管理人として東京の賃貸アパートのすぐうらに住んでいる。妹は「ここならいいわ。」と満足げだった。姪の心の中はわからなかったのだけれど。部屋を見ると板張りで作り付けのベッドが付いた4畳半だった。 私が何十年も前に東京の賃貸の部屋に下宿したときは押入れにお布団をしまい、部屋は畳の部屋だった。ずいぶん変わるものだなと思った。姪はその後学生生活を満喫したようだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 東京の賃貸しをいろいろ探すのは良い経験になった
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
東京の賃貸しをいろいろ探すのは良い経験になった東京の家賃の情報

東京の賃貸部屋は壁が薄い

3月 30th, 2012 | Posted by admin in 東京 - (1 Comments)

大学生や新社会人になると賃貸部屋で一人暮らしを始める人もたくさんおられると思います。その中でも多くの人がきれいな部屋に住んで親からも離れて誰にも干渉されず気楽に暮らすことをイメージされると思います。実際にそのような生活ができる人もおられると思いますが、特に東京で一人暮らしを始めようとする学生には無理だと思われます。東京の賃貸物権はとにかく高いと思います。それに東京の賃貸部屋は狭く感じると思います。

それだけでなく東京の賃貸だけなのかどうなのかは分かりませんが、非常に壁が薄いと思います。賃貸マンションといえど壁が薄く隣の音や声が聞こえることが多いと思います。ですから東京で賃貸部屋を探される時には不動産屋などでしっかりと確かめておいた方がいいと思います。音というものは結構気になると思います。他人の音だけでなく自分も出すことになります。少しでも迷惑したりかけたりしないように、東京の賃貸部屋では気をつけないといけなくなります。

東京の賃貸部屋にはいろんな人たちが生活しています。朝早い人や夜遅く帰ってくる人などがいっしょに生活していますから、音を気にして生活しないといけません。東京は住宅が密集していますし、電車も頻繁に往来しています。交通量も多いので夜中だからといって、静かとは限りません。しかし東京にはいろんな賃貸部屋があります。理想の部屋や環境があると思います。そういったところを探すのもいいですが、賃貸部屋は壁の厚さを気にすると快適生活ができると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 東京の賃貸部屋は壁が薄い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
東京の賃貸部屋は壁が薄い東京の家賃の情報